2012年03月21日

第二回ジャガイモの植え付けのはち!

昨日、第二回農八会を行いました。春の晴天の中、花粉症の方(実はワタシモ)にとっては少し厳しかったかもしれませんが、みんなで楽しく行うことができました。

第二回のメイン作業は、ジャガイモの植え付けです!ということで最初にスタッフのコミさんの方からジャガイモについての学びを提供してもらいました。ジャガイモは品種によって調理方法が異なること、ジャガイモは根ではなく茎であること、その証拠にジャガイモの芽が植物の葉っぱのように重ならずにでていることなどをわかりやすく丁寧にお話してもらいました。
そして、もう一つの作業として行うホウレンソウの収穫についてにも触れ、この時期からホウレンソウが冬立ち(抽台)をはじめるということなども話してもらいました。
s-P3200977.jpg

それでは、作業開始です。今回は3つの作業を用意して、ジャガイモの植え付け・ホウレンソウの収穫&ニンニク周りの除草・田んぼの水路掘りです。前後半で作業を代えながら参加者にまんべんなく楽しんでもらいました。
まずは、ジャガイモの植え付けですが、植え付けをする品種はアンデスレッドというキタアカリ系の品種です。通常ですと種イモを半分などに切りますがコミさん流にそのまま、そして溝を掘らずに30センチ間隔で上手に植え付けができました。その後はコミネワールドがさく裂してみんなをトークで酔わせていましたね。
s-P3200980.jpg

次はホウレンソウの収穫と除草です。ホウレンソウは、先ほど触れた冬立ちに注意しながら収穫してもらいました。この畑は勿論無農薬の為、ホウレンソウの近くには他の雑草がたくさん生えていましたので、その選別に皆さん苦労しているようでもありましたね。
除草も、ニンニクの際を除草するときに感じるニンニクのにおいなどで大盛り上がりの中、行うことができました。
s-P3200982.jpg  s-P3200985.jpg

さあ最後は水路掘りです。昨年度皆さんに掘ってもらった水路は新しい田んぼの整備の為使わずに、新たに昔使っていたであろう水路を利用する形で新規に掘ってもらいました。
男たち(おかみさんがまざっていたよーな)がガツガツそしてチームワークでバリバリ仕事をすすめてもらいました。その姿、イカしてましたよっ!!
s-P3200984.jpg

作業の合間の休憩では、私が子どもたちと作った練馬ダイコンの切り干を煮つけたものを出させてもらいました。毎回のことですが「ご飯がほしー」「酒がほしー」という声、あっざーす。

最後には4人組になり一日のふりかえりです。今回もグループで感じ一文字をだしてもらいましたが、なんと4グループ中3グループが「掘」という漢字をあげてもらいました。
みなさんが土と触れたことに対しての想いや仕事への意欲を一言ずつふりかえりの中で聞け、私自身もこの活動の重要さを改めて触れることができとても充実した第二回目の農八会となりました!!
皆さんお疲れ様でした!!!
s-P3200986.jpg  s-P3200987.jpg

次回の第3回目の活動は、4/22日9:30〜です。作業は、ヤーコン・サトイモの植え付けや水路作りなどを行います!お楽しみにっ!
posted by 農八会 代表 にしむらじゅん at 10:53| Comment(0) | 農を使った企業研修事業

2012年02月13日

事業の説明:第一回ダイズの脱穀のはち!

さあ2年目になります、この農を使った企業研修事業。
企業研修としての農ってなんだ?と感じる方もいらっしゃると思います。
普段の会社の新人研修や企業研修などでは、講演会に参加するや、講座に参加するなどの座学がメインになっている中、そうではなくて屋外つまり畑や田んぼで体を動かしながら頭を動かし、交流そして学びの場を作ることです。つまり、農を使った学びの場の創造です。

農には生産だけでなく、教育的な価値が非常にあると思っています。今の生産だけの農業ですと如何に人手をかけず労働を集約するのかということが目的になりがちです。その逆の世界には、人と人とが協力しあい交流しあい一緒に汗をながしながら共同の精神を培ってきました。一人でできること。みんなでできること。そして、みんなでそれをすること。そしてみんなでできたものを分かちあう喜び。
それらは、とても実感できる学びです。それをワークショップなどの手段を用い学びを深める作業もします。
勿論、農や食を知識的にも学んでもらうための座学も実物を使いながら説明していきます。

農の新しくて古い機能を使って学びをみんなに戻していく。そう考えて事業を行っています。


今年も有限会社「炎家」http://www.enya-dining.com/ さまから継続のお話をして頂き、大変感謝しております。
今回も、炎家さんの各店舗だけでなく「元気屋ふってん」http://ameblo.jp/futten/ たちも参加して頂き盛り上がっていきたいと思います、どうぞよろしくお願い致します。
第一回目の作業は、ダイズの脱穀作業・シイタケのほだぎ打ち・耕運機体験・ニンジンの収穫・川清掃です。
流れとしては、9:30に農八会平松圃場に集合してもらい、作業着に着替えてもらいます。この研修では持ち物は何も用意なしで行えることとしています。まさに手ブラでオッケイなのです!

最初にそれぞれの代表から挨拶。そして、学びの時間。その後作業の説明をして、各自希望の作業をしてもらいます。20分ほど作業をした後、15分の休憩。そして先ほどの作業を代えて次の作業も20分ほど。道具を片付け、最後に各グループになりふりかえり。という流れです。

まず学びの時間としては、ダイズとシイタケについてをメンバーのオッチさんから話してもらいました。
ダイズの種類の多さや、遺伝子組み換え問題の実情。怖い話でしたが知っておいて損はない話だと感じました。シイタケについても、種屋さんならではの裏事情も踏まえて触れてもらい勉強になりました。
s-P2120760.jpg

さてその後作業です。ダイズの脱穀は、年代モノの足踏み脱穀機とこれまた年代モノの唐箕を使って作業をしてもらいました。ほとんどの人たちが初めて触る道具に興味しんしん。たくさんのダイズからほんのすこしの粒しか取れないこと。そのことを体験してもらえたと思います。
s-P2120765.jpg  s-P2120769.jpg

シイタケのほだ木うちは、女子たちが休憩時間もさいて作業をしてくれるほど、はまっていました。シイタケは分解者であるというタクさんの言葉が印象的でしたね。
s-P2120766.jpg

耕運機体験は、狭山の農家コミさんが直伝です!とても分かりやすく仕組みや動かし方を説明してもらい、去年のクワを使っての作業との違いを肌で感じてもらえたと思います。
s-P2120763.jpg

ニンジンの収穫は、冬越し中のニンジンを掘りあげました。草を生やし霜によるいたみをやわらげているので、一見どこにニンジンがあるか分からないのですが、ニンジンの葉を見分けられれば見事に収穫できます。黒田五寸という品種で、取れたてのニンジンも味わってもらいました。収穫物は、各店舗でお持ち帰りしてもらいさっそくお店に出す!と言って頂けました。
s-P2120762.jpg

最後に川の清掃です。水は田んぼにおいて一番重要なことです。昨年はその水で大変苦労しました。今年こそ、良い関を作り水を入れることを目指し、まずは今までの関の片づけを行いました。これが、とても大変。ジャリやヘドロ、杭などを、ふってん栗原隊長の下、力づくで次々と片づけてもらいました。ありがとうございました!
s-P2120767.jpg

休憩時間には、私が作った練馬ダイコンのたくあんを味わってもらいました。たくあんは、この寒い時期にはとてもうれしいお茶うけになりますね。

さあ、最後のふりかえりについてですが、4人グループで集まりそれぞれに感想を共有、その後グループごとで今日感じたことを漢字1文字で表現してもらうアクティビティを行いました!これが同じ漢字がひとつもできなく、とても学びになります。スタッフからも一人ひとり感想を言い、今年一年頑張っていこう!と意識を新たにした第一回でした!!
s-P2120772.jpg  s-P2120773.jpg
posted by 農八会 代表 にしむらじゅん at 13:48| Comment(0) | 農を使った企業研修事業