2012年04月23日

第三回ヤーコン・サトイモの植え付けのはち!

一か月ぶりになった第三回は、あいにくのくもり空でしたが作業中は雨が降らないという不幸中の幸いの中行いました。今回は、ふってんさんがイベントと重なってしまった為、ふってんさんのスタッフの参加はなしで人数が少ない中でしたが、少人数で楽しく作業できたかと思います。

まず、まなびの時間では「ヤーコン」について学びました。まなびをして頂けたのは、埼玉県ヤーコン研究会会長の鴇田さんです。鴇田さんは、ヤーコンだけでなく樹木医や食べられる野草の研究家だったりと幅広く活動されている方です。
鴇田さんから、ヤーコンの栽培方法や栄養価値などについてお話頂きました。
s-P4221036.jpg

その後、みんなでヤーコンをピンポンダマぐらいの大きさに切り分け、元さんには機械を使ってもらい畝を立ててもらいました。そして、みんなでヤーコンの植え付けをしました。
s-P4221039.jpg  s-P4221041.jpg
s-P4221040.jpg  s-P4221042.jpg

ヤーコンの後はサトイモの植え付けです。川際の田んぼとの境界に植え付けをしましたが、川際に生えている木をみて「これはクルミの木、新芽はてんぷらにするとクルミの香りがしてうまいんだよー」と話してくれました。そーいえば田んぼには草がたくさん、そのひとつひとつをこれはこうやって食べるとおいしいよ、この花はこんな名前で由来があるんだ、など次々とあふれる知識。一同みんなで鴇田さんのスゴさを体感しましたね。参加者で摘み取ったクルミの新芽のてんぷらはおいしかったですか??

さて、途中休憩で今回ださせてもらったのは、地元の食品加工所「ひびき」の島田さんが手作りで作ったよもぎまんじゅうです。おまけでタケノコ煮や、お赤飯まで頂きました。次回からは、毎回島田さんに頼むつもりですので、参加される皆さんお楽しみにっ!!!

休憩後は、やはり農八会の名前の由来通り、収穫や植え付けだけでなくそのほか様々な作業を行って頂きたいと考え、田んぼの畦シート張りを行ってもらいました。このシートを張ることで、徐々に水を落としていき、田んぼに水がコンスタントに張れるようにするためです。力仕事を楽しくがんばってもらいましたね。

作業後は、恒例の感じ一文字ふりかえり!良い感じがたくさんでましたね。みんなが感じたことを語り合う、すばらしいことです!!種から先にだすのは「根」なんですねー。良い話でしたよオッチさん!!
s-P4221044.jpg

次回ですが、少し予定を変更します。5/6日に行う予定でしたもみの播種ですが、予定がつけにくいとのことで5/27日に夏野菜の植え付けをすることに変更します!!ですので、次回は5/27に会いましょうっ♪
posted by 農八会 代表 にしむらじゅん at 16:40| Comment(0) | 農を使った企業研修事業